So-net無料ブログ作成
検索選択

Stroganov Palace / Sankt Peterburg, Russia

День русского языка... [海外ロード記]

P6065254_R.JPG   Day of Russian language...
   その根拠は、6月6日はプーシキンの誕生日に由来するらしい。ロシア文学などに興味のない代表としてでさえ、彼が偉大な詩人であるというのは知っている。しかし、ロシア人の説明では、現代ロシア語をつくりあげた人であり、創作ジャンルがオールマイティな事や、現代ロシア文学のテーマを提起、また、ロシア生活の手引き書...お姉ちゃん好き?...数え上げたらキリがないほどのスーパーマンの様だ。
   たまたまネフスキー通り沿い近くのロシア美術館の前のプーシキン像の前に人だかりが出来ていたのがこういう理由だったという話。   おそらく彼らがプーシキンの詩を吟じているのではないかと推測しました。結構、みんな笑っていたので、内容がおもしろいのでしょう、多分。
P6065244_R.JPGP6065247_R.JPG
   昨日のリベンジショット。今日が午後から快晴に。但し、気温は20℃前半のままです。でも、気持ちがいいですね。それに夜になっても明るいので業務終了後からいつまでも遊んでられるが..慢性の寝不足となります。また、モイカ運河と呼ばれる最もサンクトらしいビュー...
P6065262_R.JPGP6065278_R.JPG
   で、本日はロシア料理をいただきました。レストランは,エルミタージュとイサク大聖堂の間くらい。ほぼ夕食に近い中途半端なランチを食べるところはないかと探している時に、このレストランの前を通ったらすごくスタッフの愛想が良かったので。サンクトの女性は、モスクワよりいつもオープンです、はい。ロシアの田舎の家という内装です。
IMG_5022_R.JPGIMG_5016_R.JPG
   まず、ロシア風サラダと正統ボルシチ。
IMG_5018_R.JPGIMG_5019_R.JPG
   メインはビーフ・ストノガノフ。デザートはアイスクリームを添えたアップルパイ。
IMG_5020_R.JPGIMG_5021_R.JPG
   正直、これらを正統なディナーの時間に食べたとすると間違いなくぐっすりと寝られる事はないと思います。それほどヘビーなので、ロシア料理はランチか、早いディーナーでとるのが無難です。
   さて、明日は業務で180km程度離れた街に日帰り巡業予定です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0